ヘルペスなどの性病の原因と治し方徹底解明

ヘルペスと一口に言っても大きく分けて口唇ヘルペスと、性病の一つである性器ヘルペスの二つに分けられます。
ヘルペスの主な症状としては口唇ヘルペスの場合はかゆみを感じた後で水ぶくれができ、発熱を起こしたりします。
性器ヘルペスの場合も口唇ヘルペスと同様に性器周辺がむずがゆくなった後で水ぶくれが出来ます。
女性の場合はおりものが明らかに通常と違うものとなります。

ヘルペスという病気の名前は知っていてもどうやって発症するのか、そしてどうやって治療するかについて知らない人が多いのではないでしょうか。

ここではヘルペスの原因と感染経路、そして治療方法を詳しく解説していきます。
しっかり学んで自分なりにヘルペスに感染しないようにするにはどのような事をすればよいかを考えてみてください。

ヘルペスの原因と感染経路

口唇ヘルペスも、性病である性器ヘルペスも発症する原因は同じで、ヘルペスウイルスというウイルスが活性化することによって発症する病気がヘルペスです。

とはいえ、ヘルペスウイルスは外部からやって来るわけではなく、実は誰もが元々体の中に持っているウイルスの一つなのです。
ある調査によると、日本人のおよそ70%がすでに感染していると言われています。
言いかえれば私たち日本人のほとんどがすでにヘルペスという病気を発症しているようなものなのです。
しかし、多くの人は自覚症状がありません。

ヘルペスの原因が分かったところで、原因菌であるヘルペスウイルスがどのように感染するかを確認していきましょう。
ヘルペスウイルスは生まれたばかりの赤ちゃんは所持していません。
ではなぜ日本人のほとんどの人が所持しているのかというと、子どもの頃の親や大人とのスキンシップによって感染すると言われています。

ヘルペスウイルスはとても感染力が強い病気で、様々な感染経路によって相手の体内に侵入します。
感染経路のうち、最も多いのが接触感染です。
感染力が強いので、キスのような粘膜同士が直接触れ合う事だけではなく、ヘルペスウイルスを持っている人が使ったコップや箸、スプーンなどの食器を一緒に使えば感染します。
また、手を洗ったときに使ったタオルなどを一緒に使っても感染します。
もちろん患部を触った手で他の人に触れただけでもヘルペスウイルスは感染します。

口唇ヘルペスを完全に防ごうとするのであれば、他人の使用した食器やタオル類は一切使用しないようにして、過剰なスキンシップも一切しないように注意して生活しなければいけません。
しかし現実問題としてこれらを実践し続けるのはかなり難しいでしょう。
これらの事柄から分かるように、口唇ヘルペスを予防することは非常に難しいです。
そして感染している人の多くが自覚症状がないため、自分が感染しているかどうかが分からず、注意することも出来ないというのが余計にヘルペスウイルスに感染する可能性を高めている原因となっています。

しかしこれだけヘルペスウイルスに感染する可能性が高いにもかかわらず、自覚症状が全くでない人が多いのはなぜなのでしょうか。
それは私たちが元々持っている免疫力が病気の発症を抑えてくれているのです。
健康な人であればヘルペスウイルスに感染したからと言ってすぐに症状が出るようなことはありません。
感染力は確かに非常に強いウイルスではありますが、必要以上に恐れる必要もないのです。

次に性器ヘルペスの感染経路について確認していきましょう。
性器ヘルペスは性病の一つなので、発症する原因は言うまでもなく性行為によるものです。
近年、特に20代の若い男女でヘルペスを発症している人が増えていると言われています。
しかし最も大きな要因とされているのが、コンドームを装着せずに性行為をすることによってヘルペスを発症しているというものです。

コンドームを装着しないまま挿入行為をすれば性器同士が直接触れ合うこととなります。
もしもお互いのどちらかが性器ウイルスに感染し、発症していれば挿入行為によって大量のヘルペスウイルスが相手の性器内に侵入することとなります。
先ほども聞いたように発症していても無自覚なことがほとんどなので、知らない間にウイルスに感染している場合がほとんどなのです。

性器ヘルペスは挿入行為だけが感染する原因ではありません。
オーラルセックスも発症する原因となります。
オーラルセックスをおこなった場合に、もしもオーラルセックスをした側の唾液や唇にヘルペスウイルスが潜んでいた場合は、直接触れることによって相手の性器にうつすことになります。
逆に性器にヘルペスウイルスが潜んでいれば、オーラルセックスをした人に感染することになります。

このようにヘルペスというのは私たちの身近なところに存在しているものなのです。
ですから、患者数を減らすためには一人一人がヘルペスについて正しい知識を持つことがとても重要です。

ヘルペスは再発性が高い

ヘルペスの厄介なところは、再発性が非常に高いという点です。
ヘルペスウイルスは前述したようにほとんどの日本人が持っているウイルスですから、他人からヘルペスウイルスをもらう可能性も非常に高いです。
ヘルペスによって実際に発疹などの自覚的な症状が出た場合は一生付き合う必要があると言われているのです。

あるデータによると、一度ヘルペスウイルスによって自覚症状を感じるような発症をした場合、一年以内におよそ80パーセントの人が再発すると言われています。
これはそのほかの一般的な病気と比べると突出して高い再発率となっています。
ではヘルペスを再発させないようにするにはどのような事に注意すればよいのでしょうか。

ヘルペスが発症する原因は免疫力の低下です。
免疫力が低下することによって体内にあるウイルスの活動を抑えこむことが出来なくなり、ヘルペスを発症することになります。
普段からももちろんですが、特に一度自覚症状があるほどの発症をした場合は免疫力が低下しないような生活を送ることを意識しなければいけません。

まず、風邪などの病気を発症しているときは免疫力が低下しています。
改めて説明するまでも無いかもしれませんが、ヘルペスを発症するときと同様に免疫力が低下しているから風邪のウイルスを抑え込むことが出来ずに病気を発症しているのです。
風邪をひいているときなど、病気を発症しているときは過度のスキンシップを避けたり、同じ食器はなるべく使わないようにしましょう。

また、体調がよくてもストレスを多大に感じているときは危険です。
ストレスは様々な病気が発症する原因となっているのは多くの人が知っている通りですが、それは免疫力が低下するからだと言われています。
ヘルペスが再発する原因も、ほとんどがストレスを多く溜め込んでいることが要因になっています。
ストレスを発散する方法はいろいろとあります。
必ず自分に合った方法というものが存在するので、こまめにストレスを発散するように心がけるようにしましょう。

また、ストレスと同じくらいにヘルペスを再発する原因になると言われているのが睡眠不足です。
睡眠は疲れを取るだけではなく、ストレスを解消させるなど私たちの体をリフレッシュさせるとても大切な行為なのですが、最近は睡眠不足の人がとても多くなっています。
睡眠不足もストレスと同様に様々な病気の原因です。
もしもヘルペスを発症した場合は普段よりも疲れが溜まっている証拠ですから、今までよりも少し早めに寝るように心がける必要があるかもしれません。

再発性が高いのは口唇ヘルペスだけではありません。
性病である性器ヘルペスもまた再発性が高く、同じように一度発症すると一生直すことが出来ないと言われています。
性病の中でも特に患者数が多いとされているのには感染力が高いという事もありますが、再発力が高い上に完治できないという事も大きな要因となっているのです。

また、性器ヘルペスの再発率の特徴として、女性よりも男性の方が圧倒的に高いという事があげられます。
女性の性器ヘルペスの再発頻度は年7回ほどと言われているのに対して、男性の性器ヘルペスの再発頻度はおよそ13回となっており、明らかに多いことが分かります。

それをしらないままに女性と性行為をすれば性器ヘルペスはいろいろな人に感染を拡大していきます。
性器ヘルペスを発症したからといって、性行為をしてはいけないというわけではありませんが、自分が病気になっていることをしっかりと自覚し、相手に感染させないようにしなければいけません。

実は何度か再発を経験していると、病気を再発する兆候がなんとなくわかってくると言われています。
再発した多くの人が再発する数日前から腰が痛くなったり、ひざから下がしびれるような感覚になったりと、神経痛のような症状を発症すると言われています。
これらの症状が出た場合は注意しましょう。

ヘルペスの治療方法

自覚症状があり、ヘルペスに発症しているかもと感じたのであれば、できるだけ早く病院に行き、医師の適切な治療を受けることが必要です。
早期に治療することは自分自身が苦しい思いをするだけではなく、家族や知人などにヘルペスを感染させないための予防にもなります。

病気を発症した場合にどの診療科目を受診すればいいかですが、病院へ受診する場合、初診は皮膚科を受診するのが一般的です。
ただし性器ヘルペスの場合はデリケートな部分が発症しているので皮膚科を受診するのに抵抗があるという人も多いでしょう。
明らかに性器ヘルペスだとわかっている場合は泌尿器科を受診しても構いませんし、女性であれば婦人科を受診しても構いません。
女性が性器ヘルペスを発症した場合は初診から婦人科を受診した方が気兼ねなく治療に専念できるでしょう。

病院を受診した場合、実際にウイルスに感染しているかどうかの検査がおこなわれます。
口唇ヘルペスの場合は唇に症状が現れるので、問診と実際に病気を発症している唇を見るだけで発症しているかどうかの判別が出来ます。

性器ヘルペスの場合は病変している部分の粘膜や分泌物を綿棒で採取し、実際にウイルスが潜んでいないかをチェックします。
また血液検査によってウイルスを特定する方法もあります。
これらの検査によってウイルスが潜んでいることを発見できた場合はヘルペスを発症していると診断され、実際に治療がおこなわれます。

初めて性器ヘルペスを発症した場合は、まれに排尿が出来ないほど患部が痛くなる場合があります。
重症化していると判断された場合は、ある程度症状がおさまるまで入院して治療することもあります。

入院する必要がないと判断された場合は医療薬を処方して、薬を使うことによって治療する薬物治療が主な治療方法となっています。
治療方法は口唇ヘルペスと性器ヘルペスで異なることはなく、ほとんど同じです。

ヘルペスを治療することが出来るのは抗ウイルス薬のみです。
抗ウイルス薬を服用することによってウイルスの繁殖を徹底的に抑えてくれます。
薬を服用し続けているうちに、ウイルスの数は少しずつ減少していきます。
ウイルスの数が少なくなると自身の免疫力で再びウイルスを抑え込むことが出来るようになり、病気を発症しなくなります。

抗ウイルス薬はあくまでもウイルスの増殖を抑える効果がある薬で、ウイルスを退治する力は持っていません。
早めに医師の治療を受けてすぐに抗ウイルス薬を服用すれば、ウイルスが体中に蔓延する前に増殖を抑えることが出来るので、それだけ治療期間を短くすることが出来ます。

抗ウイルス薬の有効率はとても高く、臨床実験では85パーセントの人に効果があったとされています。
ヘルペスを発症したとしても、医師に言われたとおりに抗ウイルス薬を服用すればほぼ確実に治療をすることが可能です。

ヘルペスに有効とされている抗ウイルス薬には大きく分けると3種類ありますが、薬によって1日当たりの服用回数や錠剤の大きさがバラバラなので、医師の説明をよく聞いて自分に最も合う薬を服用するようにしましょう。

そして、治療中最も気を付けなければいけないのが家族にうつさないようにすることです。
ヘルペスは激しいかゆみを伴うので、ついつい患部を手で触ることもあるでしょう。
しかし、その手で直接みんなが使うタオルや食器に触ってはいけません。
直接触った食器などを他の人が使えばそれだけでウイルスが感染する危険性が高くなります。

指示通りに薬を服用すれば病気の症状自体は1週間で収まりますが、前述したようにヘルペスは完治できる病気ではありません。
一度治療することが出来たとしても、再発すれば再び治療を受ける必要があります。
抗ウイルス薬の中には再発を抑制する効果があるものもあり、それを継続的に飲み続けるという人も居ます。