ヘルペスなどの性病の原因と治し方徹底解明

記事投稿日:

カンジダ膣炎の症状と予防法

カンジダ膣炎は、カンジダ属に分類されるカンジダアルビカンスという菌が増殖して起きる性器の炎症です。
カンジダ菌は真菌と言うカビの一種ですが、常在菌なので多くの人が持っています。
カンジダの保有率は、非妊婦で薬15%、妊婦さんはおよそ30%と言われています。

通常は人に悪さをすることなくカンジダと人が共存していますが、ストレスが溜まっていたり疲労が続いていたりして免疫力が低下している時や風邪をひいて抵抗力が落ちている時に、カンジダが暴れ出して悪さをします。

また、糖尿病の人や妊婦さんは免疫力が落ちやすいのでカンジダ膣炎になりやすい傾向があります。
その他、ステロイドや免疫抑制薬を服用している人は、免疫力が低下するのでカンジダ膣炎にもかかりやすくなります。

抗菌薬の長期間服用していることが、カンジダ膣炎の原因となることもあります。
抗菌薬を長期間服用していると、菌が抵抗力をつけてしまう菌交代現象が起こることがあるからです。
カンジダ菌も抵抗力をつけてしまうので、抗菌薬の長期服用でカンジダ膣炎にかかりやすくなることもあります。

これらの内因性の感染のほかに、外因性の感染として性交渉があげられます。
膣による性交渉によって、カンジダに感染するケースもあります。

カンジダが膣内で暴れ出して繁殖すると、カンジダ膣炎となります。
膣が炎症を起こすので、おりもの(帯下)が増えたり、陰部が痒くなったりします。
このかゆみは結構強くて、じっとしているのがつらいこともあります。
かゆみは軽度の痛みだと考えられていますが、時には「痛い」と膣の痛みを訴える人もいます。

おりものは、白いヨーグルトのカスや酒粕の様な状態になります。
白いお粥のような性状だと言われることもあります。
そしておりものが生臭い魚のような鼻をツンと突くような臭いを放ちます。

外陰部や膣粘膜を見ると、赤くなっていたり腫れていたり膣粘膜に白いおりものが付着しているのが分かることもあります。

このように、カンジダ膣炎になるとおりものの変化や外陰部のかゆみなどの症状があるので、比較的気がつきやすいです。
異変を感じたら、婦人科を受診しましょう。

再発の原因は再繁殖か再感染

カンジダ膣炎の数日で症状が軽減するケースが大半です。
しかし中には治療に反応しなかったり、カンジダが再繁殖して再発や再感染を繰り返すケースもあります。

なぜ、再感染を繰り返すのでしょうか。

カンジダは抵抗力が落ちている人の体の中では、容易に繁殖します。
再繁殖して再発を繰り返している人は、抵抗力が落ちるような生活習慣になっていないかを見直して、生活改善をすることが大切です。

生活改善は食生活と睡眠や運動といった生活習慣をチェックしてみましょう。
バランスの摂れた食生活を送っているか、夜更かしをしたり過労が続いていないか、適度な運動を行っているか、といったことが大切です。

忙しくても、食事はきちんと食べるようにしましょう。
ジャンクフードばかりではなく、できるだけ毎食野菜料理もしっかりと食べるようにするのが理想的です。
ハンバーガーだけではなく、あと100円ほど出してサラダを買うとか、お昼ご飯はコンビニ弁当になるのなら、茹で野菜だけ家から持参するなど、少しの工夫で栄養バランスは改善します。

十分に睡眠はとれていますか。仕事中にきちんと休憩をとっていますか。
仕事が忙しい時は頑張らざるを得ないこともあるでしょう。しかし、頑張ることと無理をすることは別物です。

頑張って乗り切った後は、ひとまず休憩して体を休めることや、十分にバランスよく栄養を摂ること、ストレスを解消することなどで、抵抗力や免疫力を低下させないようにしましょう。

ストレスを溜めないことも重要なポイントになります。
ストレスフルな生活は免疫力や抵抗力を低下させる大きな原因となりえます。
ストレスを発散できる趣味を持つこと、夢中になれるものやこれをやっている時は嫌なことを忘れられるというものを見つけることをお勧めします。

これらを実行してカンジダというカビに負けない体を作りましょう。