ヘルペスなどの性病の原因と治し方徹底解明

記事投稿日:

クラミジアは日本で一番多い性病!

性病には数多くの種類があるので、正しい知識を持つことが非常に重要です。
正しい知識を持つだけで自分の体を性病から守ることができることに加え、パートナーを気遣うことにも繋がります。

クラミジアは日本で最も多い性病の1つで、その患者数は100万人以上にもなるとも言われています。
この性病はクラミジアトラコマティスという細菌によって発症しますが、症状があらわれにくいため、感染に気づかない場合も少なくありません。
そのため気づいた時には症状が進行していたり、パートナーにも移していたりする場合があります。
条件によって違いはありますが、感染時に1回性行為を行うと約50%の確率で移ると言われているので注意が必要です。

男性がクラミジアに感染した場合、1週間から2週間ほどの間に尿道炎が起こります。
排尿時に強い痛みが生じたり、しみたりなどの症状が出てきますが、この症状を放置しているとクラミジアトラコマティスが前立腺や睾丸周囲にまで進行するので気を付けましょう。
前立腺より奥は抗生物質が届きにくい場所なので、完治までに長い時間が必要になってしまいます。
症状が深刻になれば不妊症になる可能性も高まります。

女性のクラミジアの影響は、まずは子宮頚管部粘膜の感染からはじまりますが、ここは神経がほとんどない場所なので痛みが感じにくいのが特徴です。
ですが感染中は膣内の抵抗力が低下してしまうので、ほかの病原菌の感染による膣炎が起こりやすくなるので注意が必要です。
膣炎の症状としては痒みやおりものの量の増加や変色、強いニオイなどがあげられます。
さらにクラミジアトラコマティスが身体の奥に進行すれば子宮内膜炎や卵管炎、腹膜炎の危険が高まり、流産や不妊症の原因にも繋がります。

クラミジアは女性特有の性病というイメージがありますが、これは女性のほうが症状に気づきにくく、病気が進行しやすいことが理由です。
さらに性器が奥まっているために性行為でクラミジアトラコマティスが侵入しやすいことも理由の1つです。

淋病との見分け方

クラミジアと同様に淋病も感染者数の多い性病で、尿道炎や子宮頸管炎などの症状があらわれます。
伝染率も非常に高く、1回の性行為で約30%の確率でパートナーに移してしまうとも言われています。

クラミジアと淋病の症状は非常に似ていますが、淋病は病原菌の潜伏期間が短いという特徴があります。
感染したら約1週間以内に痛みやかゆみなどの症状が出てくるので、違和感を覚えたらすぐにクリニックで診断するようにしましょう。

性病と言うと性器に症状があらわれやすいものですが、クラミジアと淋病は性器だけではなく、目や喉に感染することもあります。
細菌が目の粘膜に侵入すれば結膜炎、喉に侵入すれば咽頭炎などの症状が出てきます。
これらの症状は性器から遠い場所にあらわれるので、クラミジアや淋病の診断が遅くなりやすいので気を付けましょう。
目や喉の感染はオーラル性行為が主な原因になってきます。

クラミジアと淋病の見極めは非常に困難です。
正確に見分けるためには医師の診断を受けるのがお勧めです。
性病の診断方法には抗原検出方法や抗体検出方法、分離培養法などがありますが、抗原検出法は結果が出るのが早く、信憑性も高くなっています。

性病の治療は経口薬や飲み薬または注射を行うのが一般的で、短期間に行います。
治療をはじめて2週間後に検査を再び行い、性病菌が死滅していることを確認することが重要なポイントです。

これに加えて、自分1人だけではなくパートナーも一緒になってケアするようにしましょう。
淋病やクラミジアは非常に感染力が強い性病なので、自覚症状がなくても感性している場合があるからです。
もしものことを考えてパートナーと一緒に診断することで、自分だけではなく相手の健康も守ることができます。