ヘルペスなどの性病の原因と治し方徹底解明

記事投稿日:

バルトレックスでヘルペスを治療しよう

現在、性感染症の一種である性器ヘルペスや、感染率の高い口唇ヘルペスを発症させるヘルペスウイルスが広まってきています。
ヘルペスは、通常手術など外的処置を施すほどの病気ではありませんが一度治っても必ず再発してしまうため、常に抗ウイルス薬を服用し続ける必要があります。
ヘルペスに効果的な抗ウイルス薬は「バルトレックス(塩酸バラシクロビル)」と「ゾビラックス(アシクロビル)」の二種類があり、それぞれ用法も効果も違います。

元々この二種類が使われていたわけではなく、バルトレックスは後から研究開発されたものです。
バルトレックスが開発される前はゾビラックスがより一般的に使われていました。
ヘルペスウイルスに対して優れた効果を持ち、その増殖を抑える働きに長けている上に量産しやすいのがゾビラックスの特徴でしたが、一日に五回も服用しなければならないという欠点がありました。
そこで、その服用回数の欠点を克服するべく、飲み薬として開発されたのが、バルトレックスでした。

バルトレックスの主成分である塩酸バラシクロビルは、体内に吸収された後に、その構造が徐々にアシクロビルの形へと変わっていきます。
つまりは飲んだ時点ではゾビラックスとは違う薬の状態ですが、体内に取り込まれた後はゾビラックスと全く同じ薬に変化するということです。
効果時間はゾビラックスよりも二倍ほど長くなり、一日の服用回数も朝晩の二回まで減少させる事に成功しました。

また、ゾビラックスは重症の患者の場合、錠剤ではなく塗り薬や点滴により消化管から吸収させる必要もありましたが、バルトレックスはゾビラックスと違って塗り薬や点滴による注入を一切必要としません。
バルトレックスは体内によく吸収されるので、ゾビラックスと違って消化管から薬を注入する必要がなくなりました。

まとめとして、バルトレックスは従来の抗ウイルス薬のゾビラックスよりも優れた薬であると言えます。
ヘルペスになった際は、バルトレックスで治療を行うのが良いです。

バルトレックスの使用上の注意点

優れた抗ウイルス薬のバルトレックスですが、一応は薬なので、その使用方法はしっかり守らないといけません。
ですがバルトレックスの使用方法は市販の飲み薬と特に変わった所はありません。
口唇ヘルペスの場合は、朝晩の一日二回、一回一錠の服用を5日間程度続けます。

途中で症状が和らいだり治ったりしたような気分になりますが、一度飲み始めたら服用期間は続けて下さい。
性器ヘルペスの場合も同様の使用方法で問題ありませんが、初期型ヘルペスで症状があまり緩和されないようなら10日間まで服用期間を延ばして使用する事が可能です。

また、薬を使用する上で気になるのはその副作用ですが、バルトレックスで副作用を起こす可能性はかなり稀で、ほとんど副作用がないと言えます。
バルトレックスは副作用の臨床実験も行っていて、その結果では頭痛、眠気などの意識障害、眩暈、吐き気などがあります。
どれも500人いる中の10人程度しか症状を訴えていないものですが、万が一に備えて車の運転前などに服用する事は控えた方が良いです。

しかし、バルトレックスは過剰に摂取したり、持病があったり、アレルギー持ちであったりすると、稀に重篤な副作用が起こってしまう事があります。
起こりやすいものとしては急性腎不全、重度の意識障害、アナフィラキシーショック、肝臓障害などがあり、前兆として通常の副作用と似たような症状や体の異変などが現れます。
これらの症状が見られた際は、すぐに医師による診察を受けて下さい。
ヘルペスよりも重篤な状態になり兼ねません。

バルトレックスは使用方法に沿って正しく服用すれば問題なく使用する事ができる薬です。
ですが、稀にアレルギーや持病と干渉して重篤な副作用を起こす薬だという事を、注意しておく必要があります。