ヘルペスなどの性病の原因と治し方徹底解明

記事投稿日:

ミノサイクリン配合薬で性病対策をしよう

ミノサイクリンは有効成分にミノサイクリン塩酸塩を配合するテトラサイクリン系の抗生物質になります。
その特徴はテトラサイクリン系抗生物質の持つ広い抗菌スペクトラムを持っている点に現れています。
ブドウ球菌や連鎖球菌や肺炎球菌などのほか、クラミジアなどの性病、マイコプラズマやマラリア原虫感染予防等と言った様に幅広い細菌などに対して効果を発揮します。
抗菌スペクトラムが広いことから、古くから医療現場で使用されてきた歴史を持っていますが、あまりに多用された結果耐性菌も出現し、十分な効果を期待できない場合もあります。
しかしテトラサイクリン系抗生物質でないと殺菌できない細菌類が存在するので、今でも現役で使用されていると言う事情もあります。

それではミノサイクリンはどのような作用機序で抗菌作用を発揮するのか。
あらゆる細胞では蛋白質を合成しないことには成長も増殖もすることがかないません。
細菌も人間同様に蛋白質を合成しないことには生存することが出来ません。
ここで蛋白質を合成するのはリボゾームと言う器官です。

ミノサイクリンにはこのリボゾームの蛋白質合成を阻害する作用を持っているので、その働きを利用して細菌の細胞を破壊してくれるおかげで殺菌的に作用します。
このような特徴を有するおかげで、ペニシリン系の抗生物質では治療が難しいクラミジアなどの性病の原因菌や、マイコプラズマでも殺菌作用を発揮してくれる訳です。
ミノサイクリンのもう一つのメリットには血液中濃度の半減期が長く、服用回数もせいぜい1日2回で済む点も指摘できます。
半日程度殺菌作用を期待できる点で、高い治療効果を期待できますが、使用方法を厳守しないと過剰投与になる可能性があるので、用法は遵守するべきです。

ミノサイクリンは販売開始後長期間経過しているので、ジェネリック医薬品が存在しています。
ミノサイクリンのジェネリック医薬品がディバインと言う薬です。
通販で購入して常備薬にしておけば、感染症の早期治療もかなうことになります。

ディバイン50mgの使用方法

ミノサイクリンのジェネリック医薬品ディバインですが、使用方法は1日あたりミノサイクリンとして初回投与量を100-200mgとし、以後12時間から24時間ごとに100mgを服用することになります。
ディバイン50mgなら2-4錠を1日1-2回で服用し、2週間程度が治療期間の目安になります。
使用方法に置いて投与量に幅が設定されているのは、患者の年齢や体型、病状の進行具合に応じて適宜増減することが配慮されていることによります。

マラリア原虫での感染危険地帯への訪問時などのマラリア原虫感染予防の為に、ミノサイクリンをマラリア旅行地への移動の1-2日前から服用を開始します。
旅行中は1日1回の決まった時間に服用することを忘れないように気をつけることが必要です。
旅行終了後は日本国内に帰国してからも4週間は予防服用を継続する必要があります。

ミノサイクリンの副作用には、腸内環境への影響を与えることによる下痢症状は比較的良く遭遇することになります。
これはミノサイクリンには病気の原因となる原因菌だけをピンポイントに増殖抑制作用を発揮することができないため、腸内環境のバランス維持に不可欠な善玉菌までも増殖を抑制させるリスクが否定できません。
腸内には免疫機能の重要な機序が備わっているため、ミノサイクリン服用によって一時的に免疫機能が低下したり、下痢に悩まされることがある訳です。

ミノサイクリン自体はそれほど副作用が強いわけではありませんが、めまいや腹痛・下痢などは比較的良く観察されます。
またテトラサイクリン系に属するミノサイクリンは抗菌スペクトラムが広い分、耐性菌のリスクが大きいのも確かです。
そのため第二選択の抗生物質とされていることもあります。