ヘルペスなどの性病の原因と治し方徹底解明

記事投稿日:

性病になった時、パートナーにどう伝える?

ある日性行為を行った相手と結婚して生涯のパートナーになった後に、事前に検査をせず何等かの感染経路で性病に感染していた事に気づくケースも少なくありません。
これから共に生活していく以上、良心よりも先に伝えるべき相手は生涯のパートナーです。

しかし、パートナーに伝えるのはそう簡単な事ではありません。
ただ、片方のパートナーが性病に感染し、その人が性行為をパートナーとしかしていないという状態の場合は、相手の心配から入る必要があります。
自分の意思を伝えると共に、検査を進めて少しでもパートナーの気持ちが和らぐように努力しましょう。

伝え方ですが、性病を伝えるという事は離婚を迫る事よりも辛く、切実な事です。
治療が難しい性病になった時、そのパートナーが受け入れてくれるのかどうか、すごく心配になります。

しかし、性病は近代の技術で早期発見出来れば治る性病も存在します。
間違った知識で治らないと心配してしまうと、パートナーの負担にもなってしまうので、治る性病なのかそうでないかを知らなければなりません。
性病になったら、パートナーにより理解してもらいやすいように正しい知識を持って説明する事が大切です。

そして、出来るだけゆっくりと説明して下さい。
また、原因がわからない場合ははっきりと「原因はわからない」と言って下さい。
それは、パートナーが他者との性行為の可能性を考えてしまうからです。
そのような状態であっても、パートナー次第では喧嘩になりかねません。

「性病の事は黙っておく」という判断をとる人もいますが、その状態でパートナーが第一子、第二子を望むような状況になったら、打ち明けてしまわなければいけない事実です。
自分の気持ちの整理が付いたら、パートナーに徐々に、わかりやすく、丁寧に説明し、理解してもらえるように工夫します。
お酒で誤魔化したり、流れで曖昧に話してしまうなどが無いように、相手が聞く姿勢を持っていてくれる環境で、話すようにする事が大切です。

打ち明けられた時の対応の仕方

性病を打ち明けられた時の対応としては、もちろん間違った対応の仕方が存在します。
まず1つ、性病を打ち明けられた時に他者との性行為、浮気を疑うところから入ってはいけません。

性病というのは性行為以外に親から子へ感染する母子感染という感染経路や同じタオルを使用するなどの感染経路も存在しているので、正しい知識を持たずに感染経路を決めるなどはしてはいけません。
浮気している可能性が断ち切れないなど、どうしても問い詰める事情がある場合は、パートナーの心情を察しながら徐々に問い詰めるようにする必要があります。
また、一体どんな感染経路なのかと問い詰める事もダメです。

パートナーに打ち明けられたら、まずは「自分が性病を持っていたからかもしれない」という事を考え、検査を受けるようにするのが重要です。
担当医師から性病に関する正しい知識を得て、それをパートナーの間で共有します。
また、パートナーの間で互いを支え合う力も必要になります。
打ち明けられた側は、より生活しやすい環境作りを配慮していく事が大切です。

場合によっては離婚するという判断も勿論あります。
性病を患ったパートナーと接するのは、性病になっていなくても性病に感染するケースを常に秘めているという事になります。
ですが、相手も打ち明けるために相応の覚悟を持って相談し、支えてほしいという感情があります。

離婚を考えるよりか、まずはそのパートナーをどう支えていく事が出来るのかを、相談し合いながら考えていき、暮らしていくという選択をとる事も間違いではありません。
どうしても共同生活をするのが難しかったり、性病に関する心配が消えなかったりする時は、パートナーにしっかりと離婚について話し合う事を求めましょう。