ヘルペスなどの性病の原因と治し方徹底解明

記事投稿日:

性行為をしていなくても性病にかかる?

性病という言葉を聞くと、その感染経路がまずは気になります。
多くの場合、性病は性行為を関して感染することが多いです。
パートナーが性病に感染していた場合は、高い確率で感染してしまいます。

しかし、それだけではありません。思いもよらないところから性病が感染してしまうのは、実は珍しいことではありません。
全く身に覚えもないのに性病をもらってしまって驚いた、という話はよく聞きます。
どんなところから性病にかかってしまうでしょう。

感染経路として身近でよくあるのが、銭湯です。
銭湯では不特定多数の人が利用しますし、湯船に浸かることで無防備な状態で感染源にさらされます。
例えば性病を持つ人がいて、湯船に浸かってそこから分泌液が出てしまっていたら他の人に危険が及ぶ可能性はあります。

また、タオルを介して性病が感染することも多く、銭湯にあるサウナなどもうつってしまうリスクが少なくありません。
高温多湿で細菌が繁殖しやすい上、多くの人が裸で腰掛けます。
タオルを敷くのが通常とは言え、そこを介して病原菌の活動が活発になったとしても不思議はありません。

同様に、公共のプールも性病をもらう場所として挙げられます。
共用タオルやプールの水などを介して粘膜が間接的に触れたりすることでうつってしまいます。
肌の露出部分も多く、多くの人が一度に利用するのもリスクを高める原因です。
体温差や体力の消耗もうつりやすさに関係しています。

公共のトイレも性病をもらう場所になり得るので注意が必要です。
特に洋式トイレは肌が便座に直接触れるため特に注意すべきです。
現在多くの公共トイレは洋式になっており、常に油断はできません。

性病を持った人が座り、そこに分泌液等が付着してしまった場合を考えるとわかりやすいです。
もちろんその場合も感染しないことはありますが、可能性としては無いとは言えません。
便座クリーナー等が備え付けられている場合は、清潔のため積極的に使用したいです。

体調不良で免疫力が低下している時は注意しよう

公共トイレや銭湯、プールなど性病がうつってしまう可能性がある場所は意外と多いです。
日ごろからそのリスクを知り、できる限り備えることで感染の可能性を減らすことができます。
あまり過剰になりすぎるのもストレスの原因になり良いとばかりも言えませんが、性病をもらわないためには注意を払うに越した事はありません。

体調が万全で健康である人ほどうつりにくいのは事実です。
体調不良で免疫力が低下している場合は特に注意が必要です。

例えば、寝不足などはその最たる状態と言えます。
忙しさにかまけて睡眠時間を削ったりしていると、知らず知らずに免疫力が低下することがあります。
はっきりと体調不良を自覚していなくても、体調を保つ努力を怠ってはなりません。

体調不良がはっきりとわかっている場合などは、逆に自覚がしやすいため対策も立てやすいです。
感染源になり得る場所を正しく理解していれば、そこに近づかないようにしたり、やむを得ない場合でも清潔を保つように気をつけたりとできる事はたくさんあります。

免疫力を高く保つことができれば、性病の原因菌に対する対抗力が強くなります。
例えば銭湯で同じ時間同じ湯船に浸かっていたとしても、性病に感染する人としない人がいるのは免疫力がその一因です。
体内への病原菌の侵入を許してしまったとしても、高い免疫力で排除できれば、発症する事はありません。
リスクを未然に防ぐことと、万が一感染する可能性がある状況になってしまったとしても、それに抵抗する準備をしておく事はどちらも大切です。

ストレスや夏バテなどでも体調不良をひき起こし、結果として免疫力が低下してしまう事はあります。
普段から心身ともに健康的な生活を心がける事は、何より重要です。
性病になりたくないと本気で願うのならば、日常からできる対策はやっておくべきです。