ヘルペスなどの性病の原因と治し方徹底解明

記事投稿日:

感染症に幅広く効くジスロマック

ジスロマックとはマクロライド系の抗生物質です。
有効成分であるアジスロマイシン水和物が身体に侵入した細菌が作用するのを阻害し7様々な感染症の症状を改善します。
特徴としてジスロマックは長い時間、身体の中に留まり、服用する期間が短くても長く効果が持続することが挙げられるのです。

効果をジスロマックに期待することができる感染症は多岐に亘っています。
例えばアジスロマイシンに感性のブドウ球菌属が原因の感染症やレンサ球菌感染症、肺炎球菌が原因の肺炎だけではなく淋菌が原因の淋病、ブランハメラ・カタラーリスとも呼ばれるモラクセラ・カタラーリスが原因の肺炎や気管支炎などの症状が挙げられます。

他にもジスロマックはインフルエンザ菌が引き起こす肺炎や中耳炎、レジオネラ・ニューモフィラが原因のレジオネラ症や肺炎に効果があります。
ほかにもペプトストレプトコッカス属の細菌が原因の中耳炎や副鼻腔炎などの鼻や耳の感染症などを治療するのにも利用されるのです。
またプレボテラ属の細菌が引き起こす感染症やマイコプラズマ肺炎などといった呼吸器の感染症などを治療するのに効果を得ることが期待できるため、幅広い用途で利用されています。

ジスロマックは身体の中に存在する細菌のタンパク質同士の結合力を弱めて増殖するのを防ぐ働きがあるのです。
細菌が身体の中で活動するのに必要不可欠となるタンパク質同士の結合力が衰えてしまうと増殖できなくなってしまいます。
そのため、細菌の身体の中における勢力が弱まり感染症が治療されるというメカニズムになっています。
そして免疫機能が働くことによって細菌が身体の外側に排出されて、身体から感染症を引き起こす原因となる細菌を取り除くことが可能です。

またジスロマックは静菌的に細菌に働きかけて感染症の症状を改善させるのに効果があります。
主成分であるアジスロマイシン水和物は身体の中で影響されにくいため細菌の種類や濃度によっては殺菌する働きもある抗生物質となっています。

ジスロマックの副作用への対処方法

ジスロマックは、別の種類の抗生物質と比較すると副作用が抑えられている抗生物質として広く認知されています。
副作用としては一般的に下痢や吐き気、胃痛などがありますが軽いものがほとんどです。

そしてジスロマックを服用して引き起こす副作用の症状で多いのが下痢となります。
しかし、この副作用は全ての抗生物質で現れる副作用なため、ジスロマックだけが特別に下痢を引き起こしやすいという訳ではありません。
とはいっても幼児や胃腸が弱い人は下痢を引き起こしやすいため注意する必要があります。

ジスロマックを服用することによって1パーセント以上の確率で引き起こされる副作用として挙げられるのは下痢だけではなく、好酸球数の増加や白血球数の減少、ALTやASTの増加などといった症状が挙げられます。
ただしこれらの症状は、どれも深刻な病気の発症に繋がるようなことは、ほとんどないため過度に心配する必要はありません。

下痢の症状がひどい場合の対処方法として、アジスロマイシン水和物に耐性がある乳酸菌が豊富に含まれている胃薬を医療機関で処方してもらい、ジスロマックと胃薬を一緒に服用するのが良い使用方法です。

食後にジスロマックを服用するとアジスロマイシン水和物が身体に吸収されやすくなります。
そうすると細菌を殺菌する効果が高まると考える人は少なくありません。
しかしそういった使用方法では副作用の症状も引き起こしやすくなってしまいます。

空腹のときにジスロマックを服用することによってアジスロマイシン水和物が身体に与える作用が抑えられ下痢の症状を引き起こしにくくなります。
下痢の症状を引き起こさないようにするためにジスロマックは空腹のときに服用する使用方法が推奨されているという訳です。